イギリス人とヴィーガンマフィン

今朝は、大きなエンジンの音とともに目覚め、慌てて屋上に上がり海をみたら 、
いました、いました!


昨晩、市場の駅(公設市場内)のマネージャーから、”明日、イギリスの船が来るから、ヴィーガンマフィンの説明とかを英語で書いてきて〜!”っと電話が。。。。


”それって、何?、何時にはいってくるの?どんな船??・・・・・・”という私の疑問点に
”イギリスから、くるってさ〜”となんの答えにもなっておらず・・(笑)


そんなわけで、”どーせ・・・”な気分だったので、何も準備せずに、朝、市場へ。


そして、マフィンを焼き始めたら、あれ〜っ、本当に来ているらしい。


とにかく、6種類を焼き上げようと、急ぎました。





トマトとパプリカとフェンネルのそば粉塩マフィン。
そば粉が入ったことで、香りがいつもと違って、いい感じ。





紫イモとシナモンは、この紫色がイギリスの方々には、異様にみえたよう。





最近、暑いせいか、ミキサーで作るマンゴージュースが観光客の方に人気で、ならば
マンゴーマフィンも久々に登場させました。





本日のイギリスからの船は、1月6日(っと話されていた)にイギリスを出発、そして3ヶ月間!世界をクルーズ。


カリブ海から、南太平洋のタヒチ、ニュージーランド、オーストラリア、東南アジア
長崎、宮古島、台湾・・・・・・・そして地中海を経て、イギリスに戻るそう。


そのイギリスの方に一番人気だったのは、「黒糖ジンジャークランブル」


伝統的なお菓子を好まれる国民性だからのチョイス、マンゴーは完全に空振りでした。
(もちろん!?、内地からの観光客の方には、一番人気でしたが・・)






このクルーズ船、サガ・ルビーは15時くらいには宮古島を発ってしまったようでしたが

宮古島は楽しんでいただけたでしょうかねぇ〜。


| 千嘉子 | 市場の駅in | 23:38 | comments(0) | trackbacks(0) | -









http://khn-jacaranda.jugem.jp/trackback/2234