体育会系リトリートvol.2
じゃからんだ初のリトリート3日目。


この日は、早朝から東平安名崎で
朝陽を浴びつつヨガ。





それから、旬のフルーツとハーブティでシンプル朝ごはん。








朝から既に暑い……


梅雨は中休み。。



それから、熱血モリンガ博士の川満氏の畑2箇所で薬草や野菜の収穫。






宮古島在来の貴重な野菜薬草もあり、とにかく川満氏の話はとまることなく、いろいろ聞けて面白い。









ブラジルホウレンソウ



ムラサキウコンは葉っぱに紫のラインが。





薬草、野菜を収穫させてもらい、早朝からのヨガや暑さもあり、少しバテ気味^^;


その後は、芭蕉で島素材の素晴らしい懐石風ランチ。









ゆったりとしたランチの後は、じゃからんだのお店で収穫した薬草で島ジェノベーゼソースとパッションフルーツ&マンゴージャム、宮古みそバーニャカウダーを作り、お持ち帰りできるように瓶詰め。









マンゴーは、まだ出始めであったりなかったりなので、これは去年の自然栽培のマンゴーを丸ごと冷凍していたもの。





この際、贅沢に。





そして、パッションフルーツドラゴンフルーツの米粉ヴィーガンマフィンと
トウモロコシの米粉ヴィーガンマフィンもつくりました。





この後、夜ごはんを作ってラサコスミカに持ち帰りなはずでしたが、かなりハード^^;


なので、帰り道、ゆしとうふや旬のカツオのお刺身を調達。



宿にもどったら、ラサコスミカのオーナーの博童さんが、私たちが毎日作りすぎて冷蔵庫に残していたお料理を、見事に美味しいカレーとリメイクしてくれてました。


ラサコスミカでの最後の夜ごはんは、お酒もいただきながら〜







リトリートとは言えないこのラサコスミカでの最終夜は、いろんな話もしつつ、やっとゆっくり。



そして、3泊4日リトリートの最終日は、伊良部島のハーブベラ近角さんの伊良部探訪とヴィーガンハーブランチ。


先ずは、待ち合わせの渡口の浜で近角さんの説明。








それから、天と地と繋がる鍋底へ。





鍋底に入らせてもらうのは、神聖な場所なのでかなり躊躇するのですが、近角さんの案内で、参道を通り、羊水へ。



皆さん思い思いにゆったりとプカプカ。

シーンとした静寂な時間、安心感と心地良さ、そしてすっきりした気分に。






やっと、ここに来て、リトリートとして着地しました。


その頃、雨がパラパラ。。。


今回は、不思議と外での活動時には、雨が降らずでした。


それから、ヴィーガンハーブランチ。






毎回、素敵に美味しくなるお料理には、刺激うけました。





そして、ここで、今回のリトリート終了。





とにかく、全てに感謝!


そんな言葉しか見つかりません。






ご参加いただいた皆さん、とても楽しかったです!

かなりハードでしたが^^;、本当にありがとうございました!!




| 千嘉子 | イベント | 12:15 | comments(0) | trackbacks(0) | -









トラックバック機能は終了しました。